お会計の後に〇〇すると女の子からは非常に好印象【現役ガールズバー経営者が教えるガールズバーを楽しむコツ】

どうも亀戸ガールズバーK代表の山本です!

今日もガールズバーを楽しむコツシリーズ更新していきますね。

本日は会計後の立ち振る舞いについてお話します。

 

皆さんは普段ガールズバーのお会計が終わった後ってどうしてますか?

だいたいガールズバーでは終わり時間の5~10分前ぐらいにはお会計に入ります。

お会計が終わった後は、時間が来るまで飲む、すぐ帰る、ぎりぎりまでなるべく粘る、など様々だと思うのですが、

あなたがもし女の子に一番良い印象を与えたいと思うのであれば、ぜひ会計が終わった後に以下のことを実践してみて下さい。

 

それは

”すぐ帰る”です。

 

「はぁ?時間余ってるのになんで?」

と思ったそこのあなた、正解です。

時間が余ってるんですから時間いっぱいまでいるのはお客様の権利であり、当然のことです。

 

しかし、何をもってベストとするかにもよりますが、あなたがもし”女の子に一番良い印象を残したい”と思うのであれば

この”すぐ帰る”という行動が間違いなくベストです。

 

すぐ帰ると言うのはどういうことかというと、

スタッフや女の子に時間いっぱいを伝えられる前に帰ることであり、女の子からごちそうさまと言われる前にこちらからごちそうさまと言って帰るということです。

これは現役でガールズバーを経営している僕だからこそ言えることだと思うのですが(当然僕としてはお金を頂いてるので好きな時間に帰ってもらえればいいと思っていますよ。けど女の子は別の生き物です。)

 

なぜかというと、前々回の記事でもお話ししましたが女の子の印象というのは相対的です。

⇩前々回の記事

ガールズバーでドリンクは出しても出さなくても変わらない?現役ガールズバー経営者が本当の答え教えます

例えば記事内で取り上げたドリンクの出し方についても、大多数のお客様は女の子にドリンクを聞かれてから出します。

その中で自分だけドリンクを女の子に聞かれる前に出すから好印象に映るんです。

 

会計後の立ち振る舞いも同じです。

大多数のお客様は会計後に時間いっぱいまでいます。

当たり前です。まだ時間が余ってるんですから。

 

しかし、だからこそすぐに帰ることによって女の子からは好印象に映るのです。

なぜかというとそういうお客様のほうが極少数だからです。

 

すぐに帰ることによって女の子はどういう印象を持つかというと

けっこう仲良くなれた場合⇒「あっ、もう帰っちゃうんだ。」

普通だった場合⇒「スマートに飲む人だな。」

 

という印象になり、どちらにしても良い印象になります。

 

これが時間いっぱいまで飲んでいた場合

けっこう仲良くなれた場合⇒「こっちも話してて楽しかったな。」

普通だった場合⇒「まあ時間いっぱいだしね。」

 

となり、会話の印象がけっこう仲良くなれた場合はいいですが、会話の印象が普通だった場合に印象は普通になり、その他大勢のお客様と同じ印象になってしまいます。

 

ちなみにですがガールズバーで働く女の子から見たとき、お客様というのは相当面白くなかったり、女の子慣れしているわけでもなければ印象は普通に終わる場合が多いです。

女の子もたくさんのお客様を相手にしているので当然と言えば当然です。

逆に短時間でけっこう仲良くなるというほうが珍しいので安心してもらえればと思います。

 

すぐに帰ることによって会話でけっこう仲良くなれた場合はその印象に拍車をかけることができるし、会話が普通だった場合にも会計後にすぐ帰ることで印象を上げることができるのです。

 

まあ要は良いお客様になるということなんですけれども(笑)

しかしまずは良いお客様にならなくてはその先のステップには進めません。

女の子から良い印象を得ようと思うのであれば、苦渋の決断ですが残り時間は捨てる気持ちで飲むと良い結果を生みやすくなるかと思います。

 

すぐに女の子といい思いができるのはイケメンとべしゃりが上手い奴だけです。

僕はごくごく一般的なお客様にも良い思いをしてもらいたいのでこういう記事を正直に書いています。

今後もお客様の役に立つ記事を書いていきますのでご愛読よろしくお願いします!

 

本日はこれで!ではまた!